pagetop

Boston Scientific

臨床開発部 プロジェクトマネジメント アシスタント・プロジェクトマネジャー S.Sato

<

>

Q.1 あなたの仕事内容とミッションは?

医療機器を世に出していくために不可欠な仕事。

脳卒中のリスクを軽減させる構造的心疾患用の製品を担当しています。この製品を日本の医療施設で使用していただくためには、必ず厚生労働省から承認を得なければなりません。そのために治験などを通じて安心安全に使用できる裏付けとなる機器のデータを集めています。現在は、治験開始に向けて、さまざまな文献や海外データ、他社のデータなどを検討し、治験における適切な評価項目を決めたり、製造元のアメリカ本社と日本のマーケティング部門と連携しながら、行政と日々交渉を行っています。

Q.2 仕事のやりがいはなんでしょう?

医師や患者さんの選択肢を増やしていく。

前職では、医療機器の販売後の調査を担当していました。一工程のプランニングだけではなく、機器を世に出すための開発工程全体をマネジメントしたくてボストン・サイエンティフィックに入社しました。今、担当している構造的心疾患用の製品は、開発初期から関わっているので、初めて体験する業務も多いですが、やりがいは大きいです。臨床開発の仕事は、医療機器を世の中に出すために絶対必要なこと。そのためにとても重要なデータを集めています。すべての病に万能な医療機器はありません。一つひとつ特性を持った医療機器を世に出していくことで、医師や患者さんの治療の選択肢を増やしていくことが私たちの役目だと思っています。

Q.3 ボストン・サイエンティフィック で働くことで得られた“成長”は?

プロフェッショナルに囲まれ、チャレンジし続ける。

頭ではわかっていましたが製品が世に出るには、マーケティングや薬事はもちろん行政や研究所などいろんな人の力が必要だということを実感しています。まわりは経験豊富なプロフェッショナルばかりで少々気後れしてしまうのですが、ミーティングではどんどん意見を求められます。その瞬間は職位や経験年数なんて関係なく、私の意見にも「そんな考え方があったんだ」と驚かれることもあります。失敗を恐れずチャレンジする風土のなか、さまざまな刺激を受け、また刺激を与えようと努力することで、知識や経験はもちろん私自身の視野や発想の幅も広がっている気がします。

Q.4 あなたにとってのボストン・サイエンティフィック とは?

成長を後押ししてくれる場所。

話し合いができる環境があると思います。こちらの希望や要望にしっかりと耳を傾け、適切なアドバイスや提案をした上で、チャレンジの場を与えてくれます。もちろんタイミングなど諸事情はありますが、今の仕事も私の希望を受け入れていただきました。未経験の仕事も多く、初めのうちは医師の質問にも答えられないこともありましたが、うろたえていても仕方がありません。自分の希望した仕事ですから、頑張ります。上手くやる気を促し、成長を後押ししてくれる場所だと思います。

Q.5 今後のビジョンは?

開発全体をマネジメントしていく。

まずは今担当している構造的心疾患用の製品を行政からの承認も得て、治験まで進めたいですね。そうすれば、治験の一連の工程を経験できたことになります。そして、開発全体をマネジメントできるスキルをつけて、一つでも多くの革新的な医療機器をどんどん世の中に送り出していきたいですね。製品によって、半年で市場に出るものもあれば、承認まで何年もかかるものもあります。身につけなければならないことはまだまだたくさんあります。挫けることなく、これからもチャレンジを続けていきたいですね。

© Boston Scientific Corporation or its affiliates. All rights reserved.